キッチンまわりの家事時短テクニック(我が家の場合)

ほぼ毎日行っているであろう料理、洗い物などのキッチンまわりの家事って大変ですよね。

与太郎
与太郎

ほんの少しでも料理や洗い物、キッチンの掃除をラクにできないかなあ?

依子
依子

私が実践して効果があったと実感しているテクニックを教えるよ

我が家がキッチンまわりで工夫している方法を、キッチン内のポイントごとに紹介していきます。

今回紹介するテクニックで使えそうなものがあったら取り入れて、自分ルールを作っておくと、考える手間が省けて家事がスムーズになりますよ。

家事にかかる時間を少しでも減らして、自由な時間を手に入れましょう。

シンクまわり

備え付けのスポンジラック、排水溝のフタを撤去する

時短を実現するうえで一番簡単で効果が高いことは捨てることです。

シンクの中には基本的に何も設置しないようにしましょう。

シンクにはよく備え付けのスポンジラックが用意されていることが多いかと思います。あると確かに便利なこともあるかもしれません。

ですが、ラック自体の掃除が発生してしまうので撤去しましょう。

排水溝のフタも同様に、フタ自体の掃除が発生してしまうので撤去しましょう。

三角コーナーを設置しない

シンクの中には何も設置しないので三角コーナーも置くのはやめましょう。

三角コーナー自体の掃除が必要になります。

我が家ではタワーのポリ袋ホルダーをシンクの外に設置して生ゴミはそこに入れています。そして、毎日そのポリ袋は取り替えます。

食洗機をフル活用する

食洗機をフル活用できるようにできるだけ食洗機対応の商品を買いましょう。

手洗いより圧倒的にきれいになるし、早いし、ラクです。

コンロまわり

3口あるコンロのうち1口の五徳を外す

我が家にはコンロの口が3つあります。しかし、日常使うのは2口までのことがほとんどです。

ですので、3つのうちの1つのコンロは五徳を外してまったく使用しないことにしました。

それだけだとガスの発射口?がおもむろなので、100均で買ったココットでフタをしています。これで油ハネの掃除もしやすくなります。

コンロまわりに調味料などのものを置かない

コンロまわりには何も置かないようにしましょう。ものを置くと油ハネの掃除がしにくくなります。

我が家では調味料など毎日使うものはすぐ取り出せるコンロ下の引き出しにすべて入れています。

換気扇は全面にフィルターを貼り付ける

換気扇はなにもしてないと意外と油汚れがつくんですよね。換気扇フィルターをつけている人も多いと思います。

その際、換気扇フィルターは一部だけにせず、全面に貼り付けましょう。そうすればフィルターを取り替えるだけで油汚れの掃除をする必要がなくなります。

キッチンマットを撤去する

キッチンマット、我が家では捨てました。キッチンマットを掃除する手間より、フローリングの床を掃除するほうがラクだと感じたからです。

ここは好みが分かれるかもしれませんね。

食器棚まわり

  • 全体を見て選びやすくとりだしやすいように引き出しに収納する
  • よく使うカトラリーはキッチンカウンターのコップに立てて収納する
  • 替えのゴミ袋を突っ張り棒にぶら下げて取り出しやすくする
  • ダイソーのケースに排水溝ネットを収納して取り出しやすくする

冷蔵庫まわり

調味料は場所をとるので、ドレッシングや甜麺醤などは買わない

ドレッシングや甜麺醤などのたまにしか使わない調味料は場所をとるし、賞味期限も気になります。

最近は検索すればドレッシングも甜麺醤の代用レシピもいくらでもでてきます。

ですので、たまにしか使わない調味料は買わないようにしましょう。

そのほか、わさび、唐辛子、紅生姜は外食やテイクアウトのときに余ったものを冷蔵庫で保管すれば、それらを単体で買うよりも冷蔵庫の場所もとることがありません。

その他

おすすめのゴミ箱

我が家ではこちらの枠だけのゴミ箱を使用しています。

ゴミ捨ての際、ゴミ袋が取り出しやすいし、ゴミ箱自体の掃除が必要ないのでとてもおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介したテクニックで気になるものがあったらぜひ取り入れてみてください。キッチンまわりの家事の時短の役に立つと思いますよ。

ポイントは不要なものは極力捨てて、掃除自体をなくすことかと思います。

一度キッチンまわりをよく観察して、そこにあるものが本当に必要なものかどうか検討してみるのもよいかと思いますよ。

コメント